こどもと 
  おとなと
  まちをつなぐ


ギャラリー


2018年度の入賞作品が決定しました!


 私たちが目指す「横浜の子どもが自分の弁当を自分で作れるようになる」ために開催しているこのコンクールに、今年度は1424人の子どもたちが挑戦し、117作品が一次書類審査を通過、その中から11作品が入賞、22作品が入選しました。
 今年のテーマは『成長期に大切なカルシウムがとれるmy弁当を作ろう!』でしたが、調理時間は昨年度までの80分から50分に短縮されました。
 この報告書には、二次実技審査に臨んだ子どもたちの作品が掲載されています。多くの審査委員に見つめられる中、堂々と弁当を作る子どもたちの姿は毎年感動させられる場面です。所作の美しさ、手際のよさ、作品の色合いの工夫など、どれをとっても私には及ばない弁当作りの姿でした。
 また、今年度は各企業や校長会長からの賞のほかに、新たに『にこリーナクッキング大賞』という賞を設けました。審査に当たられた審査員には、自らが授与する賞を審査すると同時に実技審査の観点を通して一番素晴らしいと思う子どもにも投票していただき『にこリーナクッキング大賞』が決定しました。さらに毎年応募総数が増えていく中、入選枠を設け、入選した22作品にも賞状を授与することにいたしました。入賞・入選を合わせても応募総数の一割にも満たない数ですが、一人でも多くの子どもたちの励みになるように今後も改善を続けてまいります。
 子どもたちに商品や参加賞を提供してくださった企業団体や校長会をはじめ長島審査委員長、また賛助及び協賛をしてくださった企業の皆さまに心から感謝申し上げます。
 来年の第5回弁当コンクールへの皆さんの応募をお待ちしております。



【入賞作品】

<横浜すぱいす賞&にこリーナクッキング大賞>
南山田小学校 6年 宮本晃希さん 「グングン育つ弁当」


<審査員長賞>
間門小学校 5年 吉野くるみさん 「落語弁当」


<横浜市立小学校長会会長賞>
大岡小学校 6年 川越麻由さん 「元気いっぱいCaラフル弁当」


<横浜F・マリノス賞>
神奈川中学校 2年 横山真希登さん 「男子の五色弁当」


<JA横浜賞>
神奈川中学校 1年 大里五穣さん 「ヘルシー満腹弁当」


<横浜市立特別支援学校長会会長賞>
若葉台特別支援学校 高等部2年 大矢里緒さん 「カルシウム盛り沢山弁当」


<横浜市立中学校長会会長賞>
六角橋中学校 2年 徳武海斗さん 「貯骨弁当」


<崎陽軒賞>
本牧中学校 3年 伊藤小百合さん  「カルシウムたっぷり骨骨弁当」


<横浜市PTA連絡協議会会長賞>
森東小学校 6年 末永一樹さん 「たっぷり野菜のカルシウム弁当」


<池商賞>
神奈川中学校 3年 楠元杏伶文さん  「色とりどり骨もりもり弁当」


<よこはまユース賞>
大岡小学校 6年 伊藤輝乃介さん 「俺の海苔弁」




<入選>
大岡小 6年 藤本惟心さん、大岡小 6年 佐々木達也さん、上菅田小 6年 香川翔吾さん、
森東小 6年 荻野赳理さん、西金沢学園 5年 吉野光希さん、東品濃小 5年 小早川結菜さん、
神奈川中 2年 吉田倫理さん、神奈川中 2年 山本舞さん、神奈川中 2年 杉本美優さん、
神奈川中 3年 澤水菜乃香さん、老松中 2年 小林穂華さん、老松中 3年 木村美咲さん、
本牧中 1年 荻原恋さん、本牧中 3年 渡辺涼介さん、本牧中 3年 川俣さくらさん、
本郷中 3年 矢野暁音さん、下瀬谷中 3年 伊達芙束さん、菅田中 3年 鈴木喜翔さん、
ろう特別支援 中2年 関愛純さん、若葉台特別支援 高2年 秋田莉奈さん、
若葉台特別支援 高3年 岡部愛梨さん、若葉台特別支援 高3年 大井智博さん


【審査の様子】





<2018年度お弁当コンクールを応援してくださった団体・企業さま>
共催
公益財団法人 よこはまユース
後援
横浜市教育委員会 公益財団法人よこはま学校食育財団
横浜市立中学校長会  横浜市立小学校長会 横浜市特別支援学校長会
横浜市PTA連絡協議会
JA横浜  横浜マリノス株式会社 株式会社崎陽軒 株式会社池商
賛助会員
石井商事運輸株式会社  株式会社SN食品研究所  開隆堂出版株式会社 
教育出版株式会社  株式会社教育芸術社  新興出版社啓林館 
株式会社鳥勝  日東ベスト株式会社  株式会社野口食品 
光村図書出版株式会社  株式会社名給  理研ビタミン株式会社   
協賛団体
アルファー食品株式会社 三信化工株式会社
昭和食品株式会社 株式会社八丁幸 

 報告書・チラシ

2018年度 結果報告







2017年度 結果報告




2016年度 結果報告

2015年度 結果報告

横浜すぱいす