すぱいすの事業

弁当コンクール

すぱいすの事業―弁当コンクール―

  「横浜の子どもが作る弁当コンクール」とは、家庭科や給食で学んだ知識や技術を生かして、横浜の子どもたちみんなが「自分のため」「誰かのため」にお弁当をつくることを目指し、2015年から始まったプロジェクトです。


コラボレーション


2021年度 第7回 弁当コンクール

テーマ 大切な人に食べてもらいたい弁当を作ろう!
応募資格 横浜市に在住または在学の小・中学生と、特別支援学校の児童生徒
【注】グループでの参加は不可
募集期間 2021年6月~9月8日(水)(当日消印有効)
※(9/10追記) コロナ禍での現在の学校状況を勘案し、児童生徒より提出された応募用紙は受け付けますので、必ずお送りください。
(受付終了)
応募について 応募用紙に必要事項を記入し、弁当箱に詰めた写真1枚(サイズL版 89mm×127mm程度・裏面に学校名と氏名を記入)を貼付してください。
郵送にて応募ください。

<送付先>
〒246-0011 横浜市瀬谷区東野台16番地5
一般社団法人 横浜すぱいす 横浜の子どもが作る弁当コンクール応募係

募集要項
応募用紙
参考資料

募集要項 …【Download(PDF)】(受付終了)
応募用紙・名簿の枠例 …【Download(Excel)】
※記載いただいた個人情報は、弁当コンクールに関する連絡以外は使用しません。
※学校から応募する場合は、応募者数の確認のため名簿の添付をお願いいたします。

審査について

<二次審査>
11月6日(土)さくらリビング
 ★★結果発表!★★

  • 2021年度弁当コンクール受賞者(PDF)
  • 入賞者・入選者・一次選考通過者(PDF)
  • 学校応募作品数集計(PDF)
  •  審査は委員長をはじめ、学校教職員・学校栄養士・保護者・企業などの代表で行いました。

    (当日はzoomによる中継を行いました)

    <一次審査・書類選考>
     9月25日(土)さくらリビングにて、各企業・学校関係者により2021年度「横浜の子どもが作る弁当コンクール」一次審査(書類審査)が行われました。審査の結果、二次審査に出席される児童生徒の皆さんは、所属学校を通して既にご案内をさせていただいております。
     今年度の応募作品数は、1680作品を超える数でした。たくさんの皆さんに「大切な人への素敵なお弁当」を応募していただきありがとうございました。
    二次審査終了後(年末までに)、所属学校を通してレシピの返却並びに参加賞・報告書を配布させていただきます。

    (審査当日の様子)


    主催

    一般社団法人 横浜すぱいす

    共催

    公益財団法人 よこはまユース

    後援

    横浜市教育委員会  横浜市立小学校長会  横浜市立中学校長会
    横浜市特別支援学校長会  横浜市PTA連絡協議会  JA横浜 
    (公財)よこはま学校食育財団  横浜マリノス株式会社  株式会社崎陽軒  
    (一財)横浜市安全教育振興会  株式会社池商 を予定

    協力

    ユカナガシマクッキングサロン

    2020年度 第6回コンクール※終了しました

    テーマ 体の免疫力(めんえきりょく)を高める弁当を作ろう!
    結果 2020年度審査結果発表
    受賞者の声・審査員コメント 【その1】 【その2】 【その3】
    (いずれもPDFファイル)
    応募資格 横浜市に在住または在学の小・中学生と、特別支援学校の児童生徒
    【注】実技審査は、応募者1人で作ります(グループでの参加は不可)
    募集期間 2020年5月~9月10日(木)(当日消印有効)※終了しました 
    応募について 応募用紙に必要事項を記入し、弁当箱に詰めた写真1枚(サイズL版 89mm×127mm程度・裏面に学校名と氏名を記入)を貼付してください。
    郵送またはメール(bento@y-spice.com)にて応募ください。

    <送付先>
    〒246-0011 横浜市瀬谷区東野台16番地5
    一般社団法人 横浜すぱいす 横浜の子どもが作る弁当コンクール応募係

    募集要項
    応募用紙
    参考資料

    募集要項 …【Download(PDF)】(※締切参考)
    応募用紙 …【Download(Excel)】(※締切参考)
    参考資料 …【Download(PDF)】

    審査について

    <一次審査・書類選考>
    9月26日(土)二次審査作品を書類選考します。

    <二次審査・実技審査>
    11月7日(土)10:00~14:30
     実技審査では実際に3人分を調理し、1人分を応募時の弁当箱に詰め、
    他を審査員が試食し、審査を行います(調理時間は1人で60分以内)

     審査は料理研究家で横浜市食育フォーラム委員の長島由佳審査委員長をはじめ、学校教職員・学校栄養士・保護者・後援企業などの代表で行います。

     入賞及び入選した作品は、11月中旬以降に一般社団法人 横浜すぱいすのHPを通して児童生徒・市民にお知らせします。

    主催

    一般社団法人 横浜すぱいす

    共催

    公益財団法人 よこはまユース

    後援

    横浜市教育委員会  横浜市立小学校長会  横浜市立中学校長会
    横浜市特別支援学校長会  横浜市PTA連絡協議会  JA横浜 
    (公財)よこはま学校食育財団  横浜マリノス株式会社  株式会社崎陽軒  
    (一財)横浜市安全教育振興会  株式会社池商 を予定

    協力

    ユカナガシマクッキングサロン・Kstage

    Copyright(c) 2021 Yokohama Spice. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com